• HOME
  • SNS
  • 【中国のカリスマ】KOLとは?日本のインフルエンサーとの違い

【中国のカリスマ】KOLとは?日本のインフルエンサーとの違い

SNS

SNS大国の中国でマーケットを動かす力さえ持っている『KOL』とはどのような人のことなのかを解説していきます。

実際に耳にしたことはあるけれど、どのような人なのか詳しくは説明できない方も多いと思います。

流行をいち早く掴むには日本国内においてもインフルエンサーなどの影響力のある方をチェックしておく必要があります。

その中でも中国で『KOL』は特に注目すべき対象になり得ます。

今回は中国で注目されている『KOL』について徹底解説していきます。

KOL(キーオピニオンリーダー)とは?

『KOL』(ケーオーエル)とは、「Key Opinion Leader」の頭文字を取った略称です。
日本でいうところの、トップインフルエンサーのようなイメージです。

しかし、ただ単にインフルエンサーと括ってしまうほど単純なものではありません。

『KOL』とは特定の分野での専門知識があり、それを見てくれる人に対して分かりやすく説明できる能力があるインフルエンサーのことをいいます。

つまり、SNS上でバズっていればいいというものではありません。
例えば、いま日本でも注目されている「中国コスメ」などでは、コスメに詳しい且つ宣伝するだけの説明力が必要になります。

口コミ大国の中国国内では、信じられる情報を追及する文化があり、より専門性を持った人の言葉を信じるので『KOL』はマーケット内で重要な役割を担っています。

ファッション分野ではファッションの『KOL』がいるように、分野ごとに専門性を持った人がいます。

中国では口コミを購入の際に大事にしますので、よりフォロワーが多く実績がある『KOL』に宣伝を依頼することが企業にとっても良い効果を得られます。

「バズっている可愛い女の子」というイメージではなく、専門性を持っている必要があります。

つまり『KOL』とは、特定の分野において専門性を持ち、商品・サービスについて詳しく分かりやすく伝えることができ、流行に敏感で柔軟性を持ち合わせたトップインフルエンサーという立ち位置になります。

中国国内での『KOL』の必要性

現代の日本では、企業が消費者に自社の商品やサービスを認知させる媒体はいまだ、テレビCM、ラジオ、雑誌、新聞、などが多いのが特徴です。

それに対して中国は、国内独自のSNSなどが多数存在するということもあり、広告宣伝に使う媒体のほとんどは「SNS」になります。

もっというと、中国はもはやSNSでしか商品・サービスを売ることができないと言っても過言ではありません。

それほどSNSの利用率と普及率があることから、インフルエンサーは広告材料として必要不可欠になります。
インフルエンサーの中でも特に『KOL』は中国の消費構造から見て絶対的需要があります。

また、『KOL』は企業の人間ではなく、個人という立ち位置なので絶大な口コミとして見られることができます。
企業の商品やサービスをその企業の人間が紹介していても、良いように言うことができてしまうのに比べて、一般ユーザーが「使ってみた」のような動画を投稿する方が信用性があります。

中国ではインフルエンサーが多いのも、国の文化の違いによるものが大きいです。

日本と中国のインフルエンサーが持つ影響力の違い

そもそも日本と中国の決定的違いは、消費行動にあります。
日本は昔からオフラインでの買い物が主軸となっています。
つまり、お店で直接購入することが多いということになります。実際に見て買わないと失敗しそうで怖いという心配性や、ネットショッピングは慣れていないなどの理由です。

それに対して中国は逆に、オンラインでの買い物が普遍的なものになっています。
インターネットを見ていてお気に入りのものがあれば、その画面のまま購入までできるアプリなども複数あり、お店で直接買うことのほうが少なくなってきています。

これにより、オンラインで売るのであればオンライン上で影響力のあるインフルエンサーに宣伝を頼む方が総合的に見て、広告費も抑えることができる上に沢山の人に商品・サービスを認知させることができます。

日本でインフルエンサーの必要性がもっと大きくなるには、オンラインでの購入が主軸となる必要があります。

また、中国では派手な広告は嫌われる文化にあります。変に凝りすぎているコマーシャルや大型ECサイトにも偽物商品が多数存在します。
そのため、不信感が強い中国では実際に影響力のある人物からの口コミや紹介などを信用しています。

今後の『KOL』の注目度

新型コロナウイルスの影響で世界的にも外出自粛が必要となっています。
その中で、オンラインの購入が主軸の中国ですがオフライン購入もないわけではありません。
しかし、外出自粛によりたくさんのオフラインの購入も、オンラインに流れてきます。

『KOL』を注目する人が増えてくるということはその分影響力が増えることになります。

ご時世的にも『KOL』が動かすマーケットは増えていくことが予想されるので、今後はもっと注目されるでしょう。

企業側から見た『KOL』

企業の商品やサービスを認知させるために『KOL』に宣伝を依頼することは大きな宣伝効果を得られますが、フォロワーが多ければ多いほど当然ですが1件の案件の料金は高くなります。

また、短期的な効果にしか期待できません。
継続的に宣伝してくれるわけではないので、1回の投稿などを依頼するだけで料金を支払うことがほとんどです。

また価格の相場は一概には言えませんが、数十万円〜数千万円になることもあります。

『KOL』に注目するには中国SNSの利用が必要

中国では、日本で流行してる「Twitter」「Instagram」「YouTube」などの利用は禁じられています。
中国政府が政府にとって不利益となる情報にアクセスささないようにインターネット規制を国全体で行なっていいます。

そのため、普段向かってるSNSで『KOL』をチェックしようとしても出てくることはありません。

『KOL』を見るには、中国SNSの利用が必要になりますが日本語翻訳機能がないSNSが現状多いです。
そのため中国語に詳しい人であれば内容は分かりますが、そうでない方は内容を理解することが難しいというデメリットがあります。

代表的な中国SNSには「WeChatw(微信)」「Weibo(微博)」『小紅書(RED)』や中国版TikTokの「TikTok(抖音)」などが有名です。
人気中国SNSについてはこちらで詳しくまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

中国はSNSの普及率、利用率が他の国に比べて高いので、今後も『KOL』の需要は増えていくことが予想されます。

専門性を持った人物の発言は影響力があるので、口コミを大切にしている中国人にとっては生活に必要とまで言えます。

物を売るためにはHPではなくECサイトだけあればいいという風潮もあり、『KOL』とECサイトの関係は密接です。
『KOL』自身が自分のブランドを立ち上げて物を宣伝するだけで、1時間で数億円の売り上げが出ることも少なくありません。

日本でも、新型コロナウイルスの影響でオフラインの買い物は難しくなっているので、オンラインでの購入増加に伴い、日本でも『KOL』のような立ち位置の人も出てくると想定されています。

ピックアップ記事

関連記事一覧